メニュー
HOMEすべての記事時事ニュース世界のOSシェアAndroidがWindowsを抜いて1位に!

世界のOSシェアAndroidがWindowsを抜いて1位に!

時事ニュース yoshikawa 2017.04.10(月)

米国の調査会社スタットカウンターが2017年3月度における世界のOSシェアを発表し、Googleが提供しているスマートフォンやタブレット端末向けのAndroidがMicrosoftのWindowsを抜いて首位になったことを明らかにしています。
 

 

Androidのシェア37.93%、Windowsは37.91%


世界のOSシェア推移(調査データを元に筆者作成)
 
今回の調査データによると、2017年3月度の各OSのシェアは、1位がGoogleのAndroidで37.93%、2位がMicrosoftのWindowsで37.91%、AppleのiOSで13.09%、OS Xが5.17%、Lunixなどその他のOSが3.60%となりました。
 
Androidは、わずか0.02%の差でWindowsを抜いて首位となった格好です。全体としては、AndroidやiOSなどスマートフォンやタブレット端末向けのOSのシェアが増えています。
 
特に、Androidのシェアの伸びが大きく、昨年の2016年4月には30%だったのが、この1年間で7.93%とシェアを拡大しました。
 

Windowsは徐々にシェアが低下傾向に

Androidのシェアが拡大する一方で、今までデスクトップ向けのOSのして大きなシェアを占めていたWindowsのシェアが縮小傾向にあります。
 
昨年の2016年4月時点でのWindowsのシェアは46.44%だったのに対し、右肩下がりにシェアは低下し2016年12月には38.35%と年間で最低を記録しました。その後、若干ではあるものの2017年1月に38.75%と回復しましたが、2017年3月には37.91%となり、最低を記録しました。
 
Windowsのシェアが低下している背景としては、今まではパソコンをメインに活用されていたものが、スマートフォンやタブレット端末の普及により、徐々に置き換えが進んでいるのではないかと考えられます。
 

日本ではWindowsのシェアは増加傾向。モバイル向けOSはiOSがトップ


日本のOSシェア推移(調査データを元に筆者作成)
 
一方で、日本国内のみを対象にOSのシェアを見てみた所、世界的には減少傾向にあるWindowsのシェアですが、日本国内においては増加傾向となっており、2016年4月時点で49.16%だったのが、2017年3月には54.92%となりました。
 
モバイル向けのOSでは、世界ではAndroidのシェアがトップで増加傾向にありましたが、日本国内ではiOSのシェアがトップで2017年3月の時点では、12.07%となっています。一方で、Androidのシェアは8.69%となっています。
 
ただし、iOSとAndroidともにモバイル向けOSのシェアは減少傾向にあり、iOSは2016年4月時点で25.31%のシェアがありましたが、この1年間で3.78%低下しています。Androidは2016年4月時点で10.94%でしたが2.25%減少しています。
 
日本国内でもパソコンがスマートフォンなどに置き換わっているという声は聞かれますが、まだまだ、パソコンの地位は健在であることがわかります。


PAGE TOP