メニュー
HOME > ライフハック > 東京近郊の旅行には「休日おでかけパス」がおすすめ!

東京近郊の旅行には「休日おでかけパス」がおすすめ!

ライフハック yoshikawa 2016.05.08(日)

首都圏に在住の方はもちろん、旅行で東京に来られる方に、足を伸ばして郊外へ出かけてみたいと考えた時に、便利で安くでかける方法としておすすめなのが、JR東日本のフリー乗車券「休日おでかけパス」です。
 
料金は2670円で、エリア内であれば、カレンダーの休日にあたる日に限り、乗り降りが自由なフリー乗車券です。今回は、JR東日本の「休日おでかけパス」を紹介します。
 

 

2670円でフリーエリア内のJR線が乗り放題!

area
休日おでかけパスのエリア(筆者撮影)
 
休日おでかけパスは、土日および祝日、ゴールデンウィーク、年末年始の特定の期間において、2670円で乗り降り自由な「フリー乗車券」です。
 
東京都内から、南は神奈川県の「小田原駅」、北は栃木県の「自治医大駅」、東は茨城県の「土浦駅」、西は山梨県の「大月駅」と幅広いエリアで乗り降りが自由にできます。
 

新幹線や特急電車、グリーン車も別料金で乗車可能!

DSC02598
品川から水戸、いわき方面を結ぶ常磐線特急「ひたち号」(東京都品川区:筆者撮影)
 
フリーエリア内であれば、別料金を払うことで、新幹線や特急電車、在来線グリーン車に乗車できます
 
例えば、東京駅から小田原駅まで普通列車グリーン席を利用する場合、フリー乗車券2670円にプラスして、グリーン車乗車券780円を支払うと、グリーン車でゆったりと小田原まで移動できます。
 
普通列車グリーン券は、事前に駅で購入すると50kmまでは770円、51km以上であれば980円、車内で購入するとそれぞれ1030円、1240円に設定されていますが、休日に利用する場合はお得に設定されており、事前購入は50kmまでは570円、51km以上は780円、車内購入は50kmまでは830円、51km以上1040円で利用できます。
 
グリーン席を利用する場合は、休日かつ移動距離が長い場合においてお得に利用できます
 
ちなみに、東京駅から小田原駅間は東海道新幹線でも移動できますが、東海道新幹線はJR東海の管轄になり「休日おでかけパス」は利用できないので注意が必要です。
 

片道運賃1300円以上であれば「休日おでかけパス」がお得!

休日に東京近郊へおでかけする場合、片道運賃が1300円以上であれば、往復乗車券を購入するより、「休日おでかけパス」を利用した方がお得に乗車できます。
 
例えば、東京駅から小田原駅まで乗車する場合、普通片道運賃は1490円、往復すると2980円になります。そのため、「休日おでかけパス」を利用すると、2670円の元がとれる計算になります。
 

エリア外でも差額を払ってもお得に移動できる場合も

DSC02531
常磐線快速に充当されているE531系。土浦より先は差額運賃が必要(東京都台東区:筆者撮影)
 
休日おでかけパスは、フリーエリア内での利用を想定した切符ですが、差額運賃をはらうことでエリア外でも乗車できます
 
例えば、小田原駅から水戸駅まで上野東京ライン(東海道線、常磐線)で往復移動する場合、休日おでかけパスの運賃が適用できるエリアは「土浦駅」までとなっていますので、土浦駅から水戸駅までの差額運賃970円(往復1940円)を別途支払う必要があります。
 
小田原から水戸駅までの普通片道運賃は3670円に設定されており、往復利用した場合は7340円です。一方で、「休日おでかけパス」を利用した場合は、「休日おでかけパス」のフリー乗車券2670円に、土浦駅から水戸駅間の往復差額運賃1940円を合計すると、トータルで4610円となり、往復乗車券を購入するのに比べると2730円お得になります。
 


PAGE TOP