メニュー
HOMEすべての記事WEB・PCウェブサイトでクレジットカード決済を導入する方法を徹底解説

ウェブサイトでクレジットカード決済を導入する方法を徹底解説

WEB・PC yoshikawa 2017.03.30(木)

インターネットが身近なツールとして普及して以降、法人や個人問わずウェブサイト上でビジネスを展開する動きが増えています。インターネットでビジネスを行うにあたり、物品や情報の販売、サービスの提供で自社のウェブサイトにクレジットカード決済を導入を検討されている方も増えています。
近年では、金融とITが融合したFintechが台頭しており、ウェブサイトに簡単にクレジットカード決済が導入可能なオンライン決済サービスが増えています。

 

オンライン決済サービスで手軽にカード決済導入可能

オンライン決済サービスを自社のウェブサイトに導入することで、法人や個人を問わず誰でも簡単にクレジットカード決済の導入が可能になりました。今まで、クレジットカード決済を導入するとなると、導入するにあたり審査が発生する、手数料負担が必要になるなど、個人や中小事業者など導入に躊躇し、クレジットカード決済普及の妨げになっていました。
オンライン決済サービスでは、料金を支払う側と受け取る側を仲介すること、直接クレジットカード会社と契約することなくてもご自身のウェブサイトに簡単にクレジットカード決済機能を導入できるサービスです。初期費用や月額料金は無料で利用できることが多く、受け取り側に対して受領金額から手数料を徴収することでビジネスを展開しています。
オンライン決済サービスには、ウェブサイトにリンクを貼り相手先のウェブサイトにて決済を行う「リンク型」とご自身のウェブサイトにAPIを埋め込んでウェブサイト上で決済が完結する「埋込み型」が存在します。

リンク型のオンライン決済サービス

リンク型のオンライン決済サービスとして代表的なのが、オンライン決済サービスの先駆けとなった「PayPal」があります。PayPalは初期費用と月額費用は無料で決済時に決済手数料として決済額×3.6%+40円の金額が受け取り時に徴収されます。受け取った金額はPayPalのアカウントで管理可能で銀行口座に振り込む際は5万円以上であれば振込手数料無料、それ未満は250円発生します。
リンク型のオンライン決済サービスとして、日本初のメタップスが運営している「SPIKE(スパイク)」があります。現在日本での利用者が拡大しているオンライン決済サービスです。同オンライン決済サービスは2つのプランを用意しており、月額100万円まで手数料が無料となる「フリープラン」と月額1000万円までが無料となる「ビジネスプラン」があります。ビジネスプランの場合は月額料金3,000円が必要になる他、両プランともに振込手数料500円が発生します。

埋込み型のオンライン決済サービス


ご自身のウェブサイトにAPIを埋め込んで、ウェブサイト内で支払いが完結するオンライン決済サービスとして2016年10月よりサービスを開始した「Stripe(ストライプ)」があります。Stripeについては、2016年10月27日の記事で記載していますが、初期費用と月額費用は無料で決済手数料として3.6%のみで利用できます。
日本発の埋込み型オンライン決済サービスとして「WebPay(ウェブペイ)」や「Pay.jp」、「Yahoo!ウォレットFastPay」があります。いずれもソースコードを埋め込むだけでカード決済が簡単に導入できます。初期費用と月額費用はいずれも無料で利用できます。決済手数料は、WebPayはVISA/MasterCardが3.25%、JCB/AMEX/Dinersが3.4%Pay.jpはVISA/MasterCardが2.59%、JCB/AMEX/Dinersが3.3%Yahoo!ウォレットFastPayはカードブランド問わず均一3.25%に設定されています。

ウェブサイトの作成とオンライン決済を導入するならWixがおすすめ!


これからウェブサイトを開設して商品や情報を販売したり、何かしらの予約サービスを提供したいと考えている方に、おすすめできるウェブサイト作成ツール「Wix」があります。
Wixでは、本来ウェブサイトの作成に必要となるHTMLやCSSといった専門的な知識が不要で、簡単なマウス操作で誰でも簡単にオリジナルのウェブサイトの作成ができます。また、テンプレートも500種類以上と豊富に用意されているもの大きな特徴です。
さらに、月額プレミアムプランに加入することで、月額416円では独自ドメインへの接続が可能になる他、月額1641円でドメイン接続に加えECサイトの構築が可能です。
Wixではオンライン決済サービスとしてPayPalと接続する機能をあらかじめ用意しており、ECサイトや予約サイトでのクレジットカード決済も簡単に導入できます。また、「Wixインボイス」を使うことで請求書の作成や管理が簡単にできる他、請求書にPayPalを接続し簡単にクレジットカード決済の導入ができます。


PAGE TOP