メニュー
HOME > WEB・PC > Windows10のアップグレードをキャンセルする方法

Windows10のアップグレードをキャンセルする方法

WEB・PC yoshikawa 2016.07.12(火)

Microsoftから配布されているWindows 10の更新プログラムより、ユーザーの意図がないのにもかかわらず、Windows10に勝手に更新されたという問題が起きています。今回の問題は、Windows10の更新プログラムのわかりづらさが起因している問題で、キャンセルしたい場合、正しい手順で操作を行うことで、アップデートを回避できます。
 
今回は、Windows10のアップグレードを予約してしまった場合のキャンセル方法について解説します。
 

 

「Windows 10を入手する」を起動する

Windows 10のアップグレードを誤って予約してしまった場合、予約を取り消すことができます。
 
win10
タスクバーの通知領域から「Windows」アイコンをクリックし、「Windows 10を入手する」を起動します。
 
getwin10
画面左上に配置されている、三本線のアイコンをクリックし、「アップグレードの入手」の項目内に、「確認の表示」が現れていることを確認します。
 
getwin10_7
「確認の表示」が無い場合は、そのまま画面を閉じて終了です。また、2016年7月以降では、表示内容に「無償アップグレードを辞退する」項目が新たに追加され、この項目をクリックして画面を閉じることも可能です。
 
今後このWindows10の更新プログラムを表示させたくない場合は、「WindowsUpdateでWindows10のアップデート通知を消す方法」の手順に従い、プログラムを削除します。
 

アップグレードの予約を取り消す

getwin10_3
先程の「確認の表示」をクリックすると、画面表示が「アップグレードを予約しました」に切り替わります。画面左下の「予約の取り消し」をクリックします。
 
getwin10_4
画面表示が「本当に取り消してよろしいですか?」に切り替わりますので、「予約の取り消し」ボタンをクリックします。
 
getwin10_5
画面表示が「予約を取り消しました」に切り替わりますので、「閉じる」ボタンを押下して画面を閉じます。
 

予約がキャンセルされてことを確認する

getwin10_1
「Windows 10を入手する」画面より、先程の「三本線アイコン」をクリックして、「アップグレードの入手」の項目内に「今すぐアップグレード」が表示されていることを確認します。この表示に切り替わっていればアップデートの予約は行われていないことになります。
 
この「今すぐアップグレード」をクリックすると、Windows10のダウンロードが始まってしまう場合がありますので注意が必要です。
 
今後、Windows10をアップデートしたくない場合は、「WindowsUpdateでWindows10のアップデート通知を消す方法」で記載した手順にて、更新プログラムの削除と更新プログラムの非表示に設定できます。
 


PAGE TOP