メニュー
HOME > WEB・PC > Windows10のアップデート通知を消す方法

Windows10のアップデート通知を消す方法

WEB・PC yoshikawa 2016.07.04(月)

Microsoftより配信されたWindows Updateより、Windows 10へアップデートするためのプログラムが配布されたことに伴い、「意図せずにWindows 10にアップデートされていた」といったトラブルが相次いでいます。
 
今回は、Windows 10へのアップデートはしていないが、通知がうっとうしいので消したいと考えている方に、Windows 10アップデートの通知を消す方法を解説します。
 

 

「Windows 10を入手する」アイコンを確認

Windows Updateを自動適用している場合、Windows8.1およびWindows7の場合、タスクバーの通知領域に「Windows10を入手する」アイコンが表示されています。
 
このアイコンをクリックすると、Windows10のアップグレードの実行や予約が可能ですが、この案内のわかりづらさが発端で、Windows10へ見知らぬ間にアップデートされたといった問題が出ています。
 

タスクマネージャーよりプロセスを終了させる

この通知を消す方法として、Windows8.1の場合「Windowsキー」と「X」キーを同時に押し、一覧の中から「タスクマネージャー」を選択します。Windows7ではキーボードで「Ctrl」+「Shift」+「Esc」キーを同時に押します。
 
タスクマネージャーが起動すると、「プロセス」タブより、起動しているプロセス一覧の中から「GWX」を選択し、タスクの終了をクリックします。
 

インストールした更新プログラムを削除する

win10up0
更新プログラムの削除手順画像(筆者撮影)
 
プロセスを終了すると、更新通知は消えますが、再びパソコンを起動した場合、再度表示されますので、この更新通知を表示させないようにするために、更新通知を適用させている更新プログラムを削除します。
 
「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」を選択します。「プログラムと機能」より「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。
 
右上の検索ボックスより、Windows10アップデート通知を表示させている更新プログラム名「KB3035583」を検索します。表示された「Microsoft Windows(KB3035583)の更新プログラム」より「アンインストール」をクリックします。
 
アンインストールを確認するダイアログボックスが表示されますので、「はい」をクリックして進め、最後に再起動が要求されますので、パソコンを再起動します。
 

更新プログラムを非表示に設定する

win10up1
更新プログラムの非表示設定方法画像(筆者撮影)
 
削除した更新プログラム「KB3035583」は、次回のWindowsUpdateで再びインストールされてしまう恐れがありますので、この「KB3035583」を次回のアップデートでインストールしないようにするため、更新プログラムを非表示に設定します。
 
「コントロールパネル」を起動し、「システムとセキュリティ」→「更新プログラムの確認」をクリックします。更新プログラムの確認が実行されますので、終了後、「◯個の重要な更新プログラムが利用可能です」をクリックします。
 
インストール可能な更新プログラムの一覧が表示されますので、その中から「Windows 8.1 for x64-Based Systems用更新プログラム(KB3035583)」を右クリックし、「更新プログラムの非表示」をクリックします。
 
その後、非表示に設定した更新プログラムがグレーアウトになれば設定完了です。
 


PAGE TOP