メニュー
HOME > セミナー情報 > 楽天カンファレンスに参加してきました。

楽天カンファレンスに参加してきました。

セミナー情報 miyahara 2015.03.18(水)

スタッフの宮原です。
 
日が開いてしまいましたが、2月19日(木)に行われた楽天新春カンファレンス2015~BEYOND~に同じくツヨシオカスタッフ長濵と参加してきましたので報告します!
ちなみに私たちは、楽天市場に出店されているクライアント様の同行という形での参加になりました。
 
楽天新春カンファレンス2015~BEYOND~とは
150318_1
楽天市場が主催する、楽天市場出店店舗が集まり・学び・交流することができる場です。
今回は以下スケジュールで開催されました。
 
■オープニングスピーチ
■基調講演 株式会社トランジットジェネラルオフィス代表取締役社長 中村 貞裕氏
■楽天株式会社代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史氏 講演
■ショップ・オブ・ジ・エリア2014 授賞式
■フォーラム(選択制。全8フォーラム)
■2015年上期楽天市場戦略郷友会
■懇親会
 
フォーラムについて
楽コースと天コースの選択制となっており、1時間を1コマとして、2コマ分のフォーラムがありました。
楽コースは1コマ×2構成で、前半後半それぞれ3コースの中から選ぶ形となっており、
天コースは2コマ構成で、ワークショップを含んだフォーラムでした。
私は楽コースの、「黒字スタッフ・赤字スタッフの境界線を越えて行け!~あなたのお給料の成分分析」「新!座”団”会~店舗様の店舗様による店舗様の為のトークセッション」の2コマを受講しました。
 
黒字スタッフ・赤字スタッフの境界線を越えて行け!~あなたのお給料の成分分析
150318_2
税理士法人ファシオ・コンサルティング代表社員・税理士の八木橋 泰仁さんが講師をされていました。
このフォーラムで語られていたのが、多くの店舗は月商を基準にしているが本当に大切なのは限界利益である、ということです。
 
<限界利益とは>
売上高から変動費(売上に比較してかかる経費: 原価、出店コスト、ポイント付与手数料、決済手数料、送料、広告費など)を引いたもの。
更に限界利益から固定費(売上と関係なくかかる費用: 人件費、賃料、光熱水費、出店費用)を除いたものが最終利益となります。
 
■事例
1か月で売値200円、変動費80円の商品が5,000個売れたときの最終利益は?固定費は50万円とする。
売上 = 200 * 5,000 = 1,000,000 円
限界利益 = (200-80) * 5,000 = 600,000 円
最終利益 = 600,000 – 500,000 = 100,000 円
 
<社内の役割・個人目標>
利益を出すにあたって、従業員には売上を出す「攻め手」と、コストを抑える「守り手」の2つの役割があります。
 
■事例
攻め手: 月商+100万に向けて広告費10万増で月5,000個の拡販
→ページ改善でCVR0.3%up、広告費でpv1,000増、等
 
守り手: 月5,000個拡販しても人員を増やさず対応できるようにする。
→受発注作業効率化、発送作業手順見直し、等
 
<感想>
事例を交えて話してくれたので、わかりやすい内容でした。
私は従業員として参加したので、売上・利益・給料の関係への理解が深まり良かったです。
給料上げてくれとは簡単には言えないなと思いました。(笑)
 
新!座”団”会~店舗様の店舗様による店舗様の為のトークセッション
150318_3
このフォーラムでは5名の方が壇上にあがり、自店舗のブランディング施策や、ECを本気で成功させるための心構え、今後のビジョンについてなどのディスカッションと、最後に会場にメッセージがありました。
<モデレーター>
SILVER BULLET 高木 考さん
<パネリスト>
北海道お土産探検隊 小笠原 航さん
上野アメ横・小島屋 小島 靖久さん
イーザッカマニアストアーズ 浅野 かおりさん
ホビナビ 杉水流 哲也さん
 
私としては最後の会場へのメッセージで、出演者の皆さんは辛い思いをされながらも、夢中になることで毎日頑張ることができているというのが印象的でした。
 
まとめ
たっぷり1日かけて、楽天のEC事業に関する勉強ができました。
また、懇親会においても様々なEC出店者にお話を聞くことができ、ECに関する見識が深まった1日となりました。
IMG_3819
 
ちなみにこの日の資料などが入っていた袋なんですが、素材がしっかりしていて使いやすいのでカンファレンスから1か月ほどたった今でも重宝しています。(笑)
150318_4


PAGE TOP