メニュー
HOME > WEB・PC > Windows10にアップグレードしたPCをWindows7に戻す方法

Windows10にアップグレードしたPCをWindows7に戻す方法

WEB・PC yoshikawa 2016.07.16(土)

Microsoftより配布された更新プログラムより、誤ってWindows10にアップグレードしたことで、日常のアプリケーションが使えなく困っている状況になっている方が増えています。ただし、Windows10にアップグレードしてから1ヶ月以内であれば、元のWindows7に戻すことができます。
 
今回は、購入段階でWindows7がインストールされていたパソコンに対して、Windows10からWindows7にダウングレードする方法を解説します。
 

 

更新とセキュリティ画面を呼び出す

はじめに、キーボードの「Windowsキー」を押下、もしくは、「スタート」をクリックして、スタートメニュー内の「設定」をクリックして設定画面を呼び出します。
 
「設定」メニューの一覧より、「更新とセキュリティ」をクリックします。
 

更新とセキュリティ

出典:http://webcommu.net/windows10-upgrade-restore/
 
左側の一覧より「回復」をクリックし、「Windows7に戻す」項目にある「開始する」ボタンを押下します。
 
なお、Windows10にアップグレードしてから、32日以上経過した場合、「Windows7に戻す」の項目が表示されません。その場合は、PCのリカバリーディスクを利用してWindows7を再セットアップする必要がありますので、メーカーのマニュアルを参照して作業を進めて下さい。
 

アンケートの回答と注意事項を確認する

アンケート

出典:http://webcommu.net/windows10-upgrade-restore/
 
「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください」といったアンケートの回答が求められます。戻す理由に該当する箇所にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。
 
次に、「更新プログラムをチェックしますか?」と聞かれますので、「チェックしない」ボタンをクリックします。その後、「知っておくべきこと」と「ロックアウトされないようご注意下さい」の注意喚起のメッセージが表示されますので、「次へ」ボタンをクリックしてして、手順を先に進めます。
 

thankyou

出典:http://webcommu.net/windows10-upgrade-restore/
 
最後に、「Windows10をお試し頂きありがとうございます」と表示されますので、「Windows7に戻す」ボタンをクリックします。
 

Windows7への復元を開始する

Windows7への復元作業が開始されます。その間、「以前のバージョンを復元しています」や「電源を切らないで下さい」といったメッセージが表示されます。
 
最後、「Windows7を起動しています」という表示に切り替わり、正常にWindows7のディスクトップ画面が表示されれば、無事にダウングレード完了です。
 


PAGE TOP